石川ユウイチ

スクイーズ代表

経 歴

下関市立大学経済学部国際商学科卒業。マーケティング専攻。
同大学卒業後、北九州にある経営コンサルティング会社にて、経営コンサルタントを経験。数十社の経営改善、財務指導を行う。
同社退職後、学生時代からの夢であったカナダのバンクーバーに2年間留学。サイモンフレイザー大学にて日英上級通訳講座にて通訳技術を学ぶ。
帰国後、大手留学業者にて留学手続き業務、日本財団系列の財団法人の国際プロジェクト事務局にて
国際会議の開催等を担当。ロシア等海外出張経験多数。その後農林水産省管轄財団法人にて経理財務を担当。
2009年7月同財団退職後、10代の頃から趣味として続けていたトレーニングを職業にすることを決意し、
銀座に加圧トレーニングビューティスタジオスクイーズをオープン。5年でのべ数万人の方のレッスンを担当する。
トレーニングの必要性を感じているが、ジムに通う勇気がない、人前が苦手、
一人でトレーニングの継続が出来ない方にトレーニングを習慣化させることが得意。
新しいトレーニングの知識を吸収すべく、毎年渡米し現地の有名ジムで講習会に参加している。

ishikawa

KOZU(こず)

トレーナー

経 歴

3歳の時にダンスと衝撃的な出逢いをして以来、バレエ、ジャズダンス、HIP HOPとジャンルを問わず経験を積む。
早稲田大学を卒業後、スポーツの傍でパフォーマーとして存在するチアリーダーとチアダンスの存在を知る。即座にトライアウトに挑戦し、チアダンス未経験ながら、日本社会人アメリカンフットボールリーグ
(X-League)所属チームの専属チアリーダーとなる。
以降、会社勤め(営業職)と両立しながら8シーズン活動。バイスキャプテンやボイスリーダーなどを兼任し、東京ドームなどでパフォーマンスをする。自チームだけでなく、リーグでもコレオグラフを担当した経験も持つ。
その後、プロバスケットボールリーグ、bjリーグにてチーム専属チアダンサーとなり、bjリーグラストシーズンまで活動。2014-2015シーズンでは、オールスターチアリーダーに選出。オールスターゲームにてパフォーマンスに参加している。このbjリーグへのステージチェンジを機に、本格的にチアダンスインストラクターへ転身。現在、幼稚園児から社会人チームまで、都内各所にて幅広く指導にあたっている。
常に「No Dance, No Life」な生活を送り、パフォーマンスの向上を考えている中、加圧トレーニングには2010年に出逢う。それまでの我流の筋トレよりも目に見える筋力アップを実感。
加圧トレーニングにより、しっかりした体幹を使ったパワフルでキレのある、パッショナブルなパフォーマンスを得意とする。現在も現役プロチアリーダーとして活動中。

kozu